明るさと暗さ

写真プリントを利用する場合には、できあがってからなんか暗くなっている、逆に明るすぎて見え方がおかしいと感じた経験をした人もいるでしょう。このような写真になってしまう原因は、きちんと色調補正を行っていないからです。色調補正を利用する際に、多くの人が行ってほしいと思っていることは、写真の明暗を変えることでしょう。たったこれだけの作業で、見え方がだいぶ変わってくるのです。

ただし、注文する際には注意しなければいけない場合もあるのです。なぜなら利用するネットワークプリントサービスのサイトによって、このようにしてほしいと細かく注文できる場合もあれば、基本的にお任せになってしまうこともあるからです。そのため、任せてしまってもよいという人であればともかく、自分で細かく明るさや暗さを調整したいという人は、ある程度こちらの注文を聞いてくれるところを利用しましょう

明るすぎれば景色が白っぽくなってしまい、当然見にくい状態になってしまいますし、暗すぎればはっきりとした写真にならないので、やはり醜い状態になってしまいます。素人ではこのようなちょっとした調整も難しくなっているのですが、プロが行えばしっかりと補正することができるのです。だからこそ色調補正をする人が多いのでしょう。